こんな感じのライフスタイル

男子大学生による雑記ブログ。主にエッセイを書いていきます。

ブログネタはすぐに文章にすべき?-せっかくのネタを腐らせないために-

f:id:ktkt0231sh54ba:20180419212757p:plain

コンタクです。やや久々の更新。

ブログを書くにあたって、最近気づいたことがあるので今日はその気づいたことについて書いていこうと思います。

具体的に何かと言うと…「ブログネタ」についてです。

 

 

 

思いついたネタはじっくり考えた方がいい?

ブログを書くにあたって必ず必要となるもの、それはネタです。

ネタがなければブログを書こうにも、書くことができません。

ブログを書く人は、きっと日々

「どういうネタで記事を書こうかな〜」

と考えているかと思います。

 

そして、ネタが思いついたらそのネタをじっくり練りますよね。

例えば、とあるラーメン屋をネタにして記事に書くのであれば、

・どこら辺にある店なのか、

・その店のオススメのラーメンは何なのか、

・具体的にどこが美味しいのか

…等々、思いついた1つのネタをこのように深めていきます。

 

そして、じっくりと考えたことを文章に書き起こして記事を完成させます(勢いで書くこともあるかもしれませんが)。

そう考えると、

「じゃあ思いついたネタはじっくりと練った方がいいのかな?」

と思えてきます。

確かに、しっかりと考えれば記事の質も上がりますよね。

逆に思いついたネタを深めないと、内容が薄っぺらくなりますし…。最低でも書きながら考えることはした方がいいでしょうね。

 

ネタには旬がある!放置するのはやめよう!

じっくり考えるだけならいいですが…思いついたネタをほったらかしにするのはやめましょう。

もちろん、じっくり考えたからと言って、必ずしもすぐにいいアイデアが思いつくとは限りません。

ですが、だからと言ってそれをほったらかしにすると、かえって何を書けばいいのかわからなくなります。

そもそも時間が経ちすぎると、

「あれ…何を書こうとしていたんだっけ?」

と、最初に思いついたネタ自体を忘れてしまうことすらあります。たとえ最初に思いついたネタを思い出したとしても、書くのが億劫になることもあります。

 

だから、わかりやすく言うとしたら…ネタには旬があると思うんですよ。

一定の期間内に練っておかないと腐ってしまいます。

そして、その期間が過ぎてしまうと、そのネタについて良いアイデアが思いつかなくなってしまうという事態に陥ります。

というわけで、思いついたネタについてじっくり考えるにしても、考えることの〆切を設けてみるというのも、考え方の一つだと思います。ネタの旬が過ぎないうちに。

もし期限内に自分が納得いくまで練ることができなかったら、ボツにする。あるいはそれでもいいから文章にしてみる。そういうスタイルもありだと思います。

 

最後に

この記事で言いたいことを一言で言うならば

 

ネタには旬がある!

 

これに尽きます。

だから、一定の期間内にしっかりと練りましょう。

もしかしたら面倒くさいと思う人もいるかもしれませんが、だからと言って思いついたネタをほったらかしにしてたら、上手く練ることが難しくなってしまいます。

だから、ネタをじっくり考えるのは早いうちに!

そして、このことは自分に対する戒めとして、自分自身にも言い聞かせようと思います。

 

それでは!!