こんな感じのライフスタイル

男子大学生による雑記ブログ。主にエッセイを書いていきます。

僕が2Lの水を買って飲む理由

f:id:ktkt0231sh54ba:20180110124955p:plain



コンタクです。

 

突然ですが僕は普段2Lの水を買って、ほぼ毎日飲んでいます。大体、去年の4月ぐらいからその生活をしています。(2L飲みきれる日は少ないのですが…。)

当然ペットボトルが大きいので周りからは「水デッカwww」と奇異な目で見られます。でも2Lのペットボトルを持ち歩いているだけで、話のネタになったりウケたりするので美味しいですね。

 

さて、僕がどうして2Lの水を飲んでいるのかを書いていきたいなと思います。

 

僕が2Lの水を買う理由 

理由①コスパが良いから

コンビニで買われる飲み物の定番って500mlのお茶だと思うんですけど、値段は100円〜130円ぐらい。

500mlのジュースやコーヒー系の飲料に関してはもう少しかかりますよね。140円以上はするかな?

それに対し、

2Lの水はコンビニで買えば、基本的には100円前後で売っています。

量に対する値段が圧倒的に安いです…!!

500mlのお茶を4本(つまり合計2L)買うよりも圧倒的に安いですよ!!

スーパーで2Lの水を買えば、安くて60円前後で買えちゃいます!!

これで飲み物代がかなり節約されます。

 

理由②水を飲むと集中力がアップするから

水分補給と集中力との関係について、イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究者たちがこのような実験をしました。

イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究者たちは、知的作業に集中する前に約0.5lの水を飲んだ人は、飲まなかった人と比べて、14%反応時間が速くなることを発見した。のどの渇いた人に対して実験を繰り返したところ、効果はもっとはっきりと見られた。

水を飲むと脳が活性化する:研究結果|WIRED.jp

 このように、水を飲むことで集中力がアップします。(個人的な感覚で言うと一回で飲む量は0.5lよりも少なくても十分だと思いますが…。)

 

集中力を上げるために500mlのペットボトルの飲み物で水分補給したら、何回か飲んでいるうちにすぐになくなります。理由①にもつながりますが、500mlのペットボトルの飲み物を切らして、また買いに行くのはお金と時間がもったいないですし、手間がかかって逆に集中の妨げになります。

 

それに対し、2Lのペットボトルの水であればなくなる心配はありません。勉強や仕事で集中力を上げたい時、切れそうな時に心置きなく水分補給できます。

理由③デトックス効果があるから

デトックスの意味は以下の通りです。

デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物を排出させることである。この呼び名は "detoxification"、解毒の短縮形である。つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。

デトックス - Wikipedia

汗をかいたり排泄したりするのがわかりやすい例だと思います。

水分補給とデトックスの関係について調べてみると、リンパの流れの改善、血流の改善に効果があるそうですが、僕の実感としては、お通じにはかなり効果があります。

水を飲むことで胃腸が刺激され、便が柔らかくなるのでお通じがよくなります。僕の場合だと1日1〜2回はトイレに行っています。特に、朝起きてすぐに冷たい水を飲むと尚更効果的です。

便秘だと体内の老廃物や毒素が溜まって、ニキビができたり具合悪くなったりするので、便秘は改善したいものですよね。

 

まとめ

まあ、2L全部は飲みきらなくてもいいですよ。僕も2L飲みきる日は少ないので…。そもそもいきなり水を飲む量を増やしたら逆に体に悪いと思います…。

ただ2Lの水を買えば

①飲み物代が安くすむ

②飲めば集中力がアップする

③デトックスにも効果がある

このようなメリットはあります。②と③に関しては「2Lじゃなくてもいいんじゃない?」と突っ込まれそうですが、例えば500mlのペットボトルの水だと割とすぐになくなります。2Lであればなくなる心配はありませんので、心置きなく水分補給ができます。

 

それでは!!