こんな感じのライフスタイル

男子大学生による雑記ブログ。主にエッセイを書いていきます。

「泣ける」って幸せなことかも。よく考えたら

f:id:ktkt0231sh54ba:20180324145646p:plain

今日は「泣く」について書いていこうと思う。

最近、「泣く」に対する自分の考え方が変わったので。

 

泣くことにあまりいいイメージを持てなかった

悲しくて涙を流すこと

辛いことを誰かに打ち明けた時に泣くこと

そういうことに対して、自分はあまり良いイメージを持っていなかった。

 

そういう人を見ていると、言い方は悪いけど

「かわいそう」

「辛い日々を過ごしていたんだな」

と思っていたし、

「俺はこうならずに、ポジティブな気持ちを常に持てるような強い人間になろう」

みたいに思っていた。

 

そして自分が嫌な目に遭って、嫌な気持ちになった時は、

その気持ちを紛らわすことに必死になっていたし、解消法を本やネットで調べ、実践していた。

 

"泣く=自分の気持ちを正直に打ち明けられる"?

だけど、ある日ふと思った。

泣くって、自分の気持ちに正直になっているからこそ出来る行為なのかなって。

 

悲しい

辛い

苦しい

傷ついた

 

そういう気持ちをどうこうしようとせず

こみ上げてくるありのままの気持ちをただ抱きしめている。

だからこそ、人は泣くことが出来るんじゃないかなって思う。

 

自分は嫌な気持ちになった時、その気持ちを紛らわそうとしていた。

ポジティブな気持ちを持つように心がけていた。

ポジティブな気持ちの方が楽しいし、気持ちよく過ごすことができるからだ。

 

逆に、辛いとか苦しいとかそういう感情を抱えていると、同じ言葉の繰り返しになるけど辛い。苦しい。

目の前には重くて暗い景色が広がる。

だから、ポジティブな気持ちを常日頃持つようにしたいと考えていた。

 

だけど、今振り返ってみると、それって自分に嘘をついていたんじゃないかなと思う。

いや、ポジティブな気持ちで過ごしたいという想いは嘘じゃない。

だけど、その想いばかりを重視するがあまり、ネガティブな感情にフタをしてしまっていた。

 

どんなにポジティブになろうとも、ネガティブな感情はちゃんと自分の中に溜まっていたんだろう。

 

ちなみに、こういう時はももクロの『泣いてもいいんだよ』を思い出す。 

www.youtube.com

 

「泣くとスッキリする」って本当かも

こんな風に考えていくと、

「泣くとスッキリするよ」

というのは本当のことなのかもしれない。

ちゃんと自分の気持ちを外に吐き出すことによって、自分の気持ちを解消できているからだろう。

だから、ちゃんと泣ける人は幸せなのかもしれない。

(いや、決して病んでいるわけではないよ!!!!!!)