こんな感じのライフスタイル

男子大学生による雑記ブログ。主にエッセイを書いていきます。

マイナスの感情をエネルギーすると疲れるけど

f:id:ktkt0231sh54ba:20180331190529p:plain

コンタクです。

何かを頑張る時に、

マイナスの感情をエネルギーにして頑張ることってありませんか?

 

「頭が悪いね」と言われたのが悔しくて勉強を頑張るとか

お金持ちの人に対して劣等感があるから頑張ってお金を稼ごうとするとか

自分のことをフった相手を見返すために、美容に力を入れる

とか。

 

マイナスの感情をエネルギーにしたら疲れる

正直僕は、マイナスの感情をエネルギーにして頑張ることはあまりしたくないんですよね。

だって疲れるじゃないですか。

実際、マイナスの感情をエネルギーにして頑張って生きていた時期があったんですけど、最終的には体壊しました。

いわゆる、ルサンチマン的な生き方は僕には合っていません。

ルサンチマン - Wikipedia

 

それよりかは、

「楽しい」

「うおー!燃えるぜー!」

「幸せだな〜」

みたいなプラスの感情をエネルギーにした方が頑張れますし、調子もいいです。

「憎しみこそが原動力!!!」

みたいな生き方はしたくないなと思ってました。

 

でも、それでもよくない?

確かにそういう生き方は疲れます。

ていうか、自分の中の卑屈さが増大しそうで怖いです。

 

でも…

よくよく考えてみたらたとえマイナスの感情をエネルギーにしても別にいいんじゃないかな?とも思うんですよ。

 

 

だって、たとえ今はマイナスの感情で動いていたとしても、いつかはプラスの感情で動けるようになるかもしれないじゃないですか。

プラスの感情で動けないのは、多分まだそれができる段階に立っていないというだけで、

焦らななくていいし、きっといつかは変われます。

自分のペースで少しずつ変わっていければそれでいいのかな?と。

逆に、ポジティブになろうと必死になりすぎたらかえって辛いです。

 

最後に

プラスの感情を持てるに越したことはありません。

だけど、それができなくても焦らなくていいし、

「取りあえず今はマイナスの感情でもいいか」

「いつかは変われるだろうし」

そう考えればある程度楽になるんじゃないかな?と思います。

 

今日はこの辺で!